MacOS10.4でgit

MacPortsのgitを使っています。
アップデートしたらエラーが出るようになってしまいました。

[github.com/macports/macports-ports]git status
error: sha1 mismatch 8a1abdde9a46af2b26b4f301a72394764e06a4e3
fatal: bad object HEAD

cloneからやり直してみます。

cd /opt/local/var/macports/sources
sudo mkdir -p github.com/macports/macports-ports/
sudo chown -R $USER:admin github.com
git clone https://github.com/macports/macports-ports.git github.com/macports/macports-ports/
Cloning into 'github.com/macports/macports-ports'...
remote: Counting objects: 901062, done.
remote: Compressing objects: 100% (61/61), done.
remote: Total 901062 (delta 33), reused 73 (delta 23), pack-reused 900964
Receiving objects: 100% (901062/901062), 137.74 MiB | 296.00 KiB/s, done.
fatal: pack is corrupted (SHA1 mismatch)
fatal: index-pack failed

またエラーになります。
10.5上で確認すると問題ありません。git自体に問題があるようです。
2.13.2までは問題なく動いていましたが、2.13.3で発生しています。

結局コンパイラを指定してインストールでエラーは出なくなりました。
port install git configure.compiler=macports-gcc-6

PPC Macのjava

OpenJDK7ですが、awtを使うと

[~/src/Java/awt]java PrefTest
Exception in thread "main" java.awt.HeadlessException
	at java.awt.GraphicsEnvironment.checkHeadless(GraphicsEnvironment.java:202)
	at java.awt.Window.(Window.java:534)
	at java.awt.Frame.(Frame.java:420)
	at java.awt.Frame.(Frame.java:385)
	at PrefFrame.(PrefTest.java:6)
	at PrefTest.main(PrefTest.java:24)

でエラーになります。
検索してみると
>数少ない対策としてSystem Propertyをセットする方法がありますがうまくいくとは限りません。
がみつかりました。
System.setProperty (“java.awt.headless” , “false”);
を追加すれば良いようなので試してみます。

[~/src/Java/awt]java PrefTest
Exception in thread "main" java.lang.InternalError: Can't connect to X11 window server using ':0.0' as the value of the DISPLAY variable.
	at sun.awt.X11GraphicsEnvironment.initDisplay(Native Method)
	at sun.awt.X11GraphicsEnvironment.access$200(X11GraphicsEnvironment.java:65)
	at sun.awt.X11GraphicsEnvironment$1.run(X11GraphicsEnvironment.java:110)
	at java.security.AccessController.doPrivileged(Native Method)
	at sun.awt.X11GraphicsEnvironment.(X11GraphicsEnvironment.java:74)
	at java.lang.Class.forName0(Native Method)
	at java.lang.Class.forName(Class.java:186)
	at java.awt.GraphicsEnvironment.createGE(GraphicsEnvironment.java:102)
	at java.awt.GraphicsEnvironment.getLocalGraphicsEnvironment(GraphicsEnvironment.java:81)
	at java.awt.Window.initGC(Window.java:466)
	at java.awt.Window.init(Window.java:486)
	at java.awt.Window.(Window.java:535)
	at java.awt.Frame.(Frame.java:420)
	at java.awt.Frame.(Frame.java:385)
	at PrefFrame.(PrefTest.java:6)
	at PrefTest.main(PrefTest.java:25)

メッセージが変わりました。
X11を対象にしているようです。
X11のターミナルから起動させると無事動きました。
Appleが提供するjavaのようにどちらの環境でも動く物ではないようです。

AozoraEpub3のコンパイルを試してみます。
git cloneでソースを取得して、

cd src

javac -cp \
../lib/commons-cli-1.2.jar:\
../lib/commons-collections-3.2.1.jar:\
../lib/commons-compress-1.0.jar:\
../lib/commons-lang-2.4.jar:\
../lib/commons-logging-api-1.0.4.jar:\
../lib/jai_codec.jar:\
../lib/jai_core.jar:\
../lib/jsoup-1.7.1.jar:\
../lib/junrar-0.7.jar:\
../lib/velocity-1.7.jar:. AozoraEpub3.java

javac -cp \
../lib/commons-cli-1.2.jar:\
../lib/commons-collections-3.2.1.jar:\
../lib/commons-compress-1.0.jar:\
../lib/commons-lang-2.4.jar:\
../lib/commons-logging-api-1.0.4.jar:\
../lib/jai_codec.jar:\
../lib/jai_core.jar:\
../lib/jsoup-1.7.1.jar:\
../lib/junrar-0.7.jar:\
../lib/velocity-1.7.jar:. AozoraEpub3Applet.java

[Java/AozoraEpub3/src]jar cvfm ../AozoraEpub3.jar META-INF/MANIFEST.MF .
[~/src/Java/AozoraEpub3]java -cp AozoraEpub3.jar AozoraEpub3
usage: AozoraEpub3 [-options] input_files(txt,zip,cbz)
                   version : 1.1.0b46
[~/src/Java/AozoraEpub3]java -cp AozoraEpub3.jar AozoraEpub3Applet
Exception in thread "main" java.awt.HeadlessException
	at java.awt.GraphicsEnvironment.checkHeadless(GraphicsEnvironment.java:202)
	at java.awt.Window.(Window.java:534)
	at java.awt.Frame.(Frame.java:420)
	at javax.swing.JFrame.(JFrame.java:224)
	at AozoraEpub3Applet.main(AozoraEpub3Applet.java:4680)

無事コンパイル出来ました。
System.setPropertyを追加しましたが、Appletの方はダメなようです。
コンパイルしたAozoraEpub3.jarに置き換えて、narou.rbを試しましたが問題なくepubファイルが出来ました。

jarファイルに余分なファイルが含まれてしまうので、以下の手順に変更しました。

echo jar cvfm ../AozoraEpub3.jar META-INF/MANIFEST.MF \\>tmp.sh
find . -name \*.class | sed 's/\$/\\\$/' | sed 's/$/ \\/' >>tmp.sh
find . -name \*.png   | sed 's/\$/\\\$/' | sed 's/$/ \\/' >>tmp.sh
sh tmp.sh

PPC Macでnarou.rbを動かす

git clone https://github.com/whiteleaf7/narou/
でソースを取得します。

sudo port select ruby ruby23
でruby2.3が使われるように設定します。

不足しているモジュールをinstallします。
sudo gem2.3 install require_relative
sudo gem2.3 install require
sudo gem2.3 install open_uri_redirections
sudo gem2.3 install memoist
sudo gem2.3 install systemu
sudo gem2.3 install termcolorlight
これで起動出来るようになりました。
[~/src/Ruby/narou]bin/narou init
[~/src/Ruby/narou]bin/narou d n9669bk
で結合されたテキストファイルが作成できます。

epubで出力するには、AozoraEpub3が使われます。
/usr/bin/javaだと
AozoraEpub3でEPUBに変換しています………
Exception in thread “main” java.lang.UnsupportedClassVersionError: Bad version number in .class file
になるので、
[~/src/Ruby/narou]java -version
openjdk version “1.7.0-internal”
OpenJDK Runtime Environment (build 1.7.0-internal-jyeary_2012_02_16_07_18-b00)
OpenJDK Zero VM (build 21.0-b17, interpreted mode)
になるように設定します。
もう少し新しい物がありました。
[~/src/Ruby/narou]java -version
openjdk version “1.7.0-internal”
OpenJDK Runtime Environment (build 1.7.0-internal-truk_2012_03_14_11_04-b00)
OpenJDK Zero VM (build 22.0-b10, interpreted mode)

[~/src/Ruby/narou]bin/narou s device=kobo
[~/src/Ruby/narou]bin/narou c 0
ID:0 無職転生 - 異世界行ったら本気だす – の変換を開始
小説状態の調査結果を 調査ログ.txt に出力しました(エラー:0件、警告:43件、INFO:1件)
縦書用の変換が終了しました
AozoraEpub3でEPUBに変換しています
——–
変換開始 : /Users/isomura/src/Ruby/narou/小説データ/小説家になろう/n9669bk 無職転生 - 異世界行ったら本気だす -/[理不尽な孫の手] 無職転生 - 異世界行ったら本気だす -.txt
画像回転: 0001.png (744,1292)
画像回転: 0002.png (753,1290)
画像回転: 0003.png (757,1296)
java.io.IOException: This archives contains unclosed entries.
at org.apache.commons.compress.archivers.zip.ZipArchiveOutputStream.finish(ZipArch\
iveOutputStream.java:343)

画像回転は、windows(cygwin)だと実行されません。なぜ?
windows上でAozoraEpub3を起動して変換すると画像回転が実行されます。
画像回転: 0004.jpg (646,775)
で変換完了しています。0004.jpgでエラーになっているようです。
変換された結果をみても世界地図の部分で画像の回転の有無がありました。
回転させないと横長の画像なので小さく表示されます。
回転させると地図が大きく表示されるのでこちらも有りだと思います。
生成されるepubサイズもかなり違っていました。
0004.jpgに相当するファイルを回転したファイルに置き換えると無事処理が終了しました。

[~/src/Ruby/narou]bin/narou d n8725k
AozoraEpub3でEPUBに変換しています
[WARN] ルビが長すぎます (35998)
変換しました
[橙乃ままれ] ログ・ホライズン.kepub.epub を出力しました
EPUBファイルを出力しました
小説の保存フォルダを開きますか (y/n)?: n
こちらは無事出力されました。画像(jpeg 縦長)も含まれています。
画像を回転させなければ大丈夫なのかもしれません。

bin/narou web
を実行して不足しているモジュールをgemでインストールします。
sinatra/jsontoと表示されるのは、sinatra-jsonのインストルでOKです。
Safariで無事表示できました。

[~/src/Ruby/narou]sudo gem2.3 list
*** LOCAL GEMS ***
backports (3.8.0)
bigdecimal (default: 1.2.8)
did_you_mean (1.0.0)
erubis (2.7.0)
haml (5.0.1)
io-console (default: 0.4.5)
json (2.1.0, default: 1.8.3)
memoist (0.16.0)
minitest (5.8.5, 5.8.4)
multi_json (1.12.1)
mustermann (1.0.0)
open_uri_redirections (0.2.1)
psych (default: 2.1.0)
rack (2.0.3, 1.6.8)
rack-protection (2.0.0, 1.5.3)
rake (11.1.2, 10.4.2)
rdoc (4.2.2, default: 4.2.1)
require (0.2.7)
require_relative (1.0.3)
rubygems-update (2.6.3)
sass (3.4.25)
sinatra (2.0.0, 1.4.8)
sinatra-contrib (2.0.0)
sinatra-json (0.1.0)
sinatra-reloader (1.0)
systemu (2.6.5)
temple (0.8.0)
termcolorlight (1.1.1)
tilt (2.0.7)

追記
[~/src/Ruby/narou]gem2.3 search narou
*** REMOTE GEMS ***
narou (3.1.2)
runaround (1.0.0)

gemに有るので面倒な手順はいらなかったみたいです。

MacOS10.5でcgi

webページの掲示板が動かなかったので、webFTPでまとめてダウンロードしてローカンルのwebサーバで確認してみます。
MacOS10.5(PPC)でweb共有を使います。システム環境設定でon/offできます。
perlが/usr/local/bin/perlでなく/opt/local/bin/perlになるので該当分を修正します。
これだけだとアクセスカウンターも掲示板も動作しません。
httpdがcgiを処理できるように修正します。

sudo ng /private/etc/apache2/httpd.conf
    AddHandler cgi-script .cgi #を削除する

sudo ng /private/etc/apache2/users/isomura.conf 
以下を追加
<Directory "/Users/isomura/Sites/iso-ena/cgi-bin/">
    Options +ExecCGI -Indexes -MultiViews
</Directory>

ngは、エディターです。修正を反映させるために。web共有をシステム環境設定でoff/onします。
前の投稿で書いたjcode.plの修正で動くようになりました。

jcode.pl

ほとんど手を付けていなかったhttp://iso.enat.jp/を修正しました。
ブログのurlが変更になったのを修正しました。
掲示板が動作しなくなっていました。
ローカルにダウンロードして確認したところ

[iso-ena/cgi-bin/bbs1]/usr/bin/perl -v
This is perl, v5.8.8 built for darwin-thread-multi-2level
こちらは動きました。
[iso-ena/cgi-bin/bbs1]perl -v
This is perl 5, version 24, subversion 1 (v5.24.1) built for darwin-thread-multi-2level
こちらはエラーになります。
perl ./aska.cgi | nkf -w
Can’t use ‘defined(%hash)’ (Maybe you should just omit the defined()?) at ./jcode.pl line 693.

以下の修正で動くようになりました。

[iso-ena/cgi-bin/bbs1]diff jcode.pl-2.13 jcode.pl
684c684
<     &init_z2h_euc unless defined %z2h_euc;
---
>     &init_z2h_euc unless %z2h_euc;
693c693
<     &init_z2h_sjis unless defined %z2h_sjis;
---
>     &init_z2h_sjis unless %z2h_sjis;

SPAM対策

ダッシュボード
設定、ディスカッション設定のコメントブラックリストにIPアドレスを列挙します。

ツール、インポートを選択して 
“必要なインポートツールが表示されていない場合は、プラグインディレクトリを検索してインポートツールがあるかどうかチェックしてみてください。”
の”プラグインディレクトリ”をクリックして、
spamで プラグインの検索を実行します。
好きなプラグインを選択して、”いますぐインストール”をクリックでインストールできます。
Spam protection FireWall, AntiSpam by CleanTalk
をインストールしてみました。

ブログの管理画面を開くとエラー

ブログの管理画面を開くとエラーが表示されるようになってしまいました。

Dashboard

ERROR: The themes directory is either empty or doesn’t exist. Please check your installation.
You are using WordPress 3.6.

こんなメッセージを出されてもタダのユーザでは何も出来ないので、
web経由でアミックスコムに問い合わせ中です。
相変わらず確認の電話をかけてきます。
電話を受ける側の都合とかを考えないのでしょうか?
電話で話さなければならない内容でしょうか?
私にはどちらもNoだと思えます。

問い合わせの受け付けメールが6:40
電話が10:21

いい加減WordPressのバージョンを上げてくれると良いのですが多分ダメなんでしょうね。

Postは出来るけど、ブログのアドレスからだと見えないようです。17:15

4月のトラブルの時も思いましたが、アミックスコムには自社のブログを使っている人はいないのでしょうか?
アミックスコムのwebページには、
2017年6月21日アミックスコムけーぶるGiRLS米須未来ブログ更新しました
このリンクをたどるとameblo.jpのブログページになります。
そもそもこのページ個人のページですよね。
アミックスコムのお知らせ乗せるのはおかしくないですか?
アミックスコムの公式の物なら自社のブログシステムを使うのが本当だと思います。
使い勝手等のフィードバックがかかって改善が期待出来るのでは思います。

今朝管理画面を開いたのはスパムを処理するためだったのですが、
1件もコメントが無かったのは、私のページにそもそもアクセス出来なかったのですね。

amitools契約自動更新されたばかりだから来年は契約の更新を考えないといけないですね。

7/5 5:00 エラーが出なくなっている事を確認
コメントをみると”2017年7月5日 00:27 に投稿”があるので、この時点では回復していたようです。

7/5 19:18 メールが有りました。
>お客様のWordPress領域内にあるwp-content/フォルダが消えていた為、
>初期の状態に戻して復旧いたしました。
だそうです。

7/6
メディアファイルが無くなっているようです。メディアで見るとメタ情報は残っています。
画像のリンクが
http://enat.jp/iso/wp-content/uploads/2017/06/170604-300×257.png
になっているので、wp-contentフォルダが無くなってみんな消えたようです。
バックアップとっていないので(方法が提供されていない?)どうしましょうか?
改めてメディアにアップロードするとフォルダ名に月が入るのでurlが変わってしまい、
使っているページの修正が必要になってしまいます。
リンクを張ってくれている人もいたので修正しないといけないとは思うのですが
最低画像ファイルは諦めてソースのzipファイルだけでも回復させる事を考えてみます。
wp-contentフォルダが消えた理由が説明されていないのでメディアにアップロードは不安なので方法を考えてみます。

この件をメールで問い合わせたところ返事が来ました。
>wp-content/の削除はお客様の操作に起因するものではなく脆弱性を海外のIPから攻撃された結果であると判明しました。
>現時点では該当のプログラムは修正済みですが、弊社側でwp-content/ 以下を復活することができませんでした。
>ブログ中にメディアライブラリのアイテムへのリンクがある場合も同様にリンク切れの状態になりますので、
>メディアライブラリへファイルの再登録と記事のリンク箇所の修正をしていただく必要があります。

deep-learning-from-scratch

git clone https://github.com/oreilly-japan/deep-learning-from-scratch

でソースコードを入手します。

README.mdをみると

* Python 3.x
* NumPy
* Matplotlib

が必要なのでmac portsでinstallします。
py35-matplotlibをinstallして動作を確認します。
~/.matplotlib/matplotlibrcで
backend : MacOSX
を指定します。

[~/src/Python]python3.5 simple_plot.py --verbose-helpful
machdep: class is not implemented
$HOME=/Users/isomura
matplotlib data path /opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.5/lib/python3.5/site-packages/matplotlib/mpl-data

*****************************************************************
You have the following UNSUPPORTED LaTeX preamble customizations:

Please do not ask for support with these customizations active.
*****************************************************************

loaded rc file /Users/isomura/.matplotlib/matplotlibrc
matplotlib version 2.0.0
verbose.level helpful
interactive is False
platform is darwin
CACHEDIR=/Users/isomura/.matplotlib
font search path ['/opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.5/lib/python3.5/site-packages/matplotlib/mpl-data/fonts/ttf', '/opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.5/lib/python3.5/site-packages/matplotlib/mpl-data/fonts/afm', '/opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.5/lib/python3.5/site-packages/matplotlib/mpl-data/fonts/pdfcorefonts']
terminate called after throwing an instance of 'char*'
Abort

いろいろやりましたが、ダメでした。python3.6でも同じでした。
python2.7だとmatplotlibは動きました。

[~/src/Python]python2.7 simple_plot.py --verbose-helpful
machdep: class is not implemented
$HOME=/Users/isomura
matplotlib data path /opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/lib/python2.7/site-packages/matplotlib/mpl-data

*****************************************************************
You have the following UNSUPPORTED LaTeX preamble customizations:

Please do not ask for support with these customizations active.
*****************************************************************

loaded rc file /Users/isomura/.matplotlib/matplotlibrc
matplotlib version 2.0.0
verbose.level helpful
interactive is False
platform is darwin
CACHEDIR=/Users/isomura/.matplotlib
Using fontManager instance from /Users/isomura/.matplotlib/fontList.cache
backend MacOSX version unknown
findfont: Matching :family=sans-serif:style=normal:variant=normal:weight=400:stretch=normal:size=10.0 to DejaVu Sans (u'/opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/lib/python2.7/site-packages/matplotlib/mpl-data/fonts/ttf/DejaVuSans.ttf') with score of 0.000000

170604

追記
machdep: class is not implemented
が表示されてしまいます。原因を調べてみます。

[lib/python2.7/site-packages]grep -r machdep *
バイナリファイル numpy/core/multiarray.so に一致しました
バイナリファイル objc/_objc.so に一致しました
[lib/python2.7/site-packages]strings numpy/core/multiarray.so|grep mac
sysctl -n machdep.cpu.features | grep -q AVX
[lib/python2.7/site-packages]strings objc/_objc.so|grep mac
macroman
[lib/python2.7/site-packages]sysctl -n machdep.cpu.features
machdep: class is not implemented

multiarray.soで使っているsysctlにmachdepが無いのが原因のようです。
AVX拡張命令セットが有るかを判定しているようです。
sysctl -a hw.machine
hw.machine: Power Macintosh
なので無視しても問題ないと思います。
とりあえず出ないようにしてみます。
sudo mv /usr/sbin/sysctl /usr/sbin/sysctl.orig
にして、シェルスクリプトにします。

cat /usr/sbin/sysctl
#! /bin/sh
if [ "$2" = "machdep.cpu.features" ] 
then
	exit
fi
/usr/sbin/sysctl.orig $*

これで、machdep: class is not implementedはでなくなりました。

準備ができたので動かしてみます。

[Python/deep-learning-from-scratch/ch01]python hungry.py 
I'm hungry!
[Python/deep-learning-from-scratch/ch01]python man.py 
Initilized!
Hello David!
Good-bye David!
[Python/deep-learning-from-scratch/ch01]python simple_graph.py 
[Python/deep-learning-from-scratch/ch01]python sin_graph.py 
[Python/deep-learning-from-scratch/ch01]python sin_cos_graph.py 
[Python/deep-learning-from-scratch/ch01]python img_show.py 
[Python/deep-learning-from-scratch/ch02]python and_gate.py 
(0, 0) -> 0
(1, 0) -> 0
(0, 1) -> 0
(1, 1) -> 1
[Python/deep-learning-from-scratch/ch02]python nand_gate.py 
(0, 0) -> 1
(1, 0) -> 1
(0, 1) -> 1
(1, 1) -> 0
[Python/deep-learning-from-scratch/ch02]python or_gate.py 
(0, 0) -> 0
(1, 0) -> 1
(0, 1) -> 1
(1, 1) -> 1
[Python/deep-learning-from-scratch/ch02]python xor_gate.py 
(0, 0) -> 0
(1, 0) -> 1
(0, 1) -> 1
(1, 1) -> 0
[Python/deep-learning-from-scratch/ch03]python step_function.py 
[Python/deep-learning-from-scratch/ch03]python sigmoid.py 
[Python/deep-learning-from-scratch/ch03]python sig_step_compare.py 
[Python/deep-learning-from-scratch/ch03]python relu.py 
[Python/deep-learning-from-scratch/ch03]python3.6 neuralnet_mnist.py
Accuracy:0.9352
[Python/deep-learning-from-scratch/ch03]python3.6 neuralnet_mnist_batch.py 
Accuracy:0.9352

[Python/deep-learning-from-scratch/ch03]python3.6 mnist_show.py
Traceback (most recent call last):
  File "mnist_show.py", line 6, in 
    from PIL import Image
ModuleNotFoundError: No module named 'PIL'

mac ports で’PIL’を探してinstallします。
py36-Pillow @4.1.1 (python, devel)
Python Imaging Library (fork)
sudo port install py36-Pillow

[Python/deep-learning-from-scratch/ch03]python3.6 mnist_show.py 
5
(784,)
(28, 28)
[Python/deep-learning-from-scratch/ch04]python gradient_1d.py 
0.199999999999

[Python/deep-learning-from-scratch/ch04]python gradient_2d.py
/opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/lib/python2.7/site-packages/matplotlib/axes/_axes.py:545: UserWarning: No labelled objects found. Use label='...' kwarg on individual plots.
  warnings.warn("No labelled objects found. "
D:\cygwin\home\root\src\deep-learning-from-scratch\ch04>python gradient_2d.py
C:\Users\isomura\Anaconda3\lib\site-packages\matplotlib\axes\_axes.py:545: UserWarning: No labelled objects found. Use label='...' kwarg on individual plots.
  warnings.warn("No labelled objects found. "

windowsでも同じ結果になるようです。

[Python/deep-learning-from-scratch/ch04]python gradient_method.py 
[Python/deep-learning-from-scratch/ch04]python gradient_simplenet.py 
[[ 0.44710081  0.02188944 -0.46899026]
 [ 0.67065122  0.03283417 -0.70348539]]
[Python/deep-learning-from-scratch/ch04]python two_layer_net.py 
[Python/deep-learning-from-scratch/ch04]python train_neuralnet.py 
Traceback (most recent call last):
  File "train_neuralnet.py", line 6, in 
    from dataset.mnist import load_mnist
  File "../dataset/mnist.py", line 5, in 
    raise ImportError('You should use Python 3.x')
ImportError: You should use Python 3.x
[Python/deep-learning-from-scratch/ch04]python3.6 train_neuralnet.py
terminate called after throwing an instance of 'char*'

動かないのが出てしまいました。matplotlibを使ってPython3.xを要求するのがダメです。
当然windowsなら動きます。

D:\cygwin\home\root\src\deep-learning-from-scratch\ch04>python train_neuralnet.py
train acc, test acc | 0.112366666667, 0.1135
train acc, test acc | 0.798, 0.8032
train acc, test acc | 0.8754, 0.8783
train acc, test acc | 0.898433333333, 0.9023
train acc, test acc | 0.908833333333, 0.9112
train acc, test acc | 0.915266666667, 0.9173
train acc, test acc | 0.920666666667, 0.9223
train acc, test acc | 0.92485, 0.9247
train acc, test acc | 0.928333333333, 0.9299
train acc, test acc | 0.930466666667, 0.9322
train acc, test acc | 0.935066666667, 0.9361
train acc, test acc | 0.93715, 0.9383
train acc, test acc | 0.9396, 0.9394
train acc, test acc | 0.94245, 0.9419
train acc, test acc | 0.9443, 0.9442
train acc, test acc | 0.946433333333, 0.9452
train acc, test acc | 0.9483, 0.9468

[Python/deep-learning-from-scratch/ch05]python buy_apple.py 
('price:', 220)
('dApple:', 2.2)
('dApple_num:', 110)
('dTax:', 200)
[Python/deep-learning-from-scratch/ch05]python buy_apple_orange.py 
('price:', 715)
('dApple:', 2.2)
('dApple_num:', 110)
('dOrange:', 3.3000000000000003)
('dOrange_num:', 165)
('dTax:', 650)
[Python/deep-learning-from-scratch/ch05]python layer_naive.py
[Python/deep-learning-from-scratch/ch05]python two_layer_net.py 
[Python/deep-learning-from-scratch/ch05]python3.6 train_neuralnet.py
0.081 0.0792
0.903683333333 0.9073
0.923266666667 0.9267
0.935433333333 0.9352
0.944883333333 0.9433
0.951283333333 0.9492
0.956066666667 0.9547
0.959766666667 0.9556
0.964466666667 0.9591
0.9666 0.9618
0.968883333333 0.9644
0.971683333333 0.9663
0.971233333333 0.9644
0.973433333333 0.9665
0.975616666667 0.9682
0.97765 0.9699
0.978683333333 0.9697
[Python/deep-learning-from-scratch/ch05]python3.6 gradient_check.py
W1:2.68363647145e-13
b1:9.32718058604e-13
W2:9.38517990943e-13
b2:1.21014305521e-10

この後は、動かないのが多くなりました。

[Python/deep-learning-from-scratch/ch06]python3.6 batch_norm_gradient_check.py
W1:0.0
b1:0.0
gamma1:0.0
beta1:0.0
W2:0.0
b2:0.0
gamma2:0.0
beta2:0.0507355901743
W3:0.0
b3:1.20126128489e-10
[Python/deep-learning-from-scratch/ch06]python optimizer_compare_naive.py
[Python/deep-learning-from-scratch/ch06]python weight_init_activation_histogram.py
[Python/deep-learning-from-scratch/ch07]python3.6 gradient_check.py 
W1 7.96847710054e-13
b1 8.53629631716e-13
W2 4.16094078313e-13
b2 0.000294700165544
W3 5.09735778418e-13
b3 1.20570220474e-10
[Python/deep-learning-from-scratch/ch07]python3.6 simple_convnet.py
[Python/deep-learning-from-scratch/ch08]python3.6 awesome_net.py
[Python/deep-learning-from-scratch/ch08]python3.6 deep_convnet.py

python3.6がうまく動いていないようです。

[~/src/macports]python3.6
Python 3.6.1 (default, Jun 25 2017, 10:31:32) 
[GCC 5.4.0] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> 7/5
Python(94954) malloc: *** error for object 0x866e8: Non-aligned pointer being freed
*** set a breakpoint in malloc_error_break to debug
1.4
>>> Python(94954) malloc: *** error for object 0x866e0: Non-aligned pointer being freed (2)
*** set a breakpoint in malloc_error_break to debug

検索してみると、readlineに関係しているようです。

[~/src/macports]sudo port deactivate py36-readline @6.2.4.1_1
Password:
--->  Deactivating py36-readline @6.2.4.1_1
--->  Cleaning py36-readline
[~/src/macports]python3.6
Python 3.6.1 (default, Jun 25 2017, 10:31:32) 
[GCC 5.4.0] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> 7/5
1.4
>>> 

readline extensionは、py36-readlineの他にpy36-gnureadlineが有ったので試してみます。

[Python/deep-learning-from-scratch/ch01]port installed py36-gnureadline py36-readline python36
The following ports are currently installed:
  py36-gnureadline @6.3.3_1 (active)
  py36-readline @6.2.4.1_1
  python36 @3.6.1_1+readline (active)

py36-gnureadlineだと大丈夫なようです。
でもまだmatplotlibを使うとエラーになってしまいます。

追記
matplotlib動くようになりました。

[~/src/Python]python3.6 simple_plot.py --verbose-helpful
$HOME=/Users/isomura
matplotlib data path /opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.6/lib/python3.6/site-packages/matplotlib/mpl-data
loaded rc file /Users/isomura/.matplotlib/matplotlibrc
matplotlib version 2.1.1
verbose.level helpful
interactive is False
platform is darwin
CACHEDIR=/Users/isomura/.matplotlib
Using fontManager instance from /Users/isomura/.matplotlib/fontList.json
backend MacOSX version unknown
findfont: Matching :family=sans-serif:style=normal:variant=normal:weight=normal:stretch=normal:size=10.0 to DejaVu Sans ('/opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/lib/python2.7/site-packages/matplotlib/mpl-data/fonts/ttf/DejaVuSans.ttf') with score of 0.050000

クローズをクリックすると

terminate called after throwing an instance of 'std::runtime_error'
  what():  Couldn't close file
Abort

が表示されます。python2.7では問題ありません。
エラーメッセージを検索するとロケール関係の問題のようです。
setenv LANG ja_JP.UTF-8

ソースの1行目には
# coding: UTF-8
になっています。
setenv LANG C
で実行しても同じ結果になります。
locale -a
すると
ja_JP.UTF-8
は有ります。

「ami:tool障害のお知らせ」について

4/3にwebページに表題のお知らせが出ましたが、その経緯です。
自動返信メール
件名: お問い合わせを受付しました
日時: 2017年4月2日 9:48:40:JST
お問い合わせ項目 ami:tool
お問い合わせの内容
ブログが昨日の夕方位から回覧も修正も出来ません。自分以外のページも回覧できません。
いつ頃回復するのでしょうか?

4/2 17:31 TEL 障害を確認して対応中であることの連絡
4/3 13:24 TEL 復旧したことの報告

4/1 10:xx ブログのコメントのメールが有るのを確認しています。
問い合わせでは夕方としていますが4/1の午後の早い時点で障害が発生していたようです。

ブログの動作は、チェックされてなくてユーザの問い合わせで障害に気づくという状態は問題があると思います。
TELでの連絡でなくmailで報告して欲しいと思います。

NASを使い始める

東芝アメリカのcanvio home 2TByteを購入しました。
ユーザ評価を読むと散々でしたが、楽天のポイント10倍が有ったので購入しました。
楽天で購入しても発送はアマゾンからでした。数日前のニュースである事は知っていましたが驚きました。

設定で躓いたので経験をメモしておきます。
1.windowsのアプリはfullをダウンロードして使うと英語表示でinstallerだと日本語表示でした。
2.user名をrootにするとloginできません。(windowsアプリで作成出来る。1度作成すると後はlogin画面になる。)
3.デフォルトユーザとして、adminがありパスワードもadmin
4.ブラウザからadminでログインして設定を工場出荷状態にする。(FAQのpdfに書いてあります)
5.ブラウザからadminでログインして初期設定をする。
6.windowsアプリを起動して新規ユーザを作成する。

4の後5をしないと共有用のフォルダが作成されなくて困りました。
結局windowsアプリはユーザを追加するのにしか使いませんでした。
USB端子にメモリを刺すと共有領域になりパソコンからアクセスできました。

ファームウエアのアップデートは、最初は予期せぬエラーが発生が出ていましたが
今は3/5までは進んでいます。3番目が200M以上の大きなファイルでした。
170402

WebUIにもファームウエアの更新が有りますが更新用のファイルをどこから入手すればいいかわかりません。

メディアサーバとしては、PS3から動画ファイルは再生できました。
静止画、音楽ファイルはPS3から見えていません。