月別アーカイブ: 2013年10月

Windows 2000 Kernel32 改造計画【BM】

“Windows 2000 Kernel32 改造計画【BM】”をインストールしてWindows2000を未だに使っています。
v23hが出ていたのでインスールしましたが、explorer.exeが起動しなくなってしまいました。
ログオン画面がでてパスワードをいれて起動し始めますが通常の画面になりません。
ctl+alt+delの画面を出してタスクマネージャを起動するとアプリケーションエラーになります。
セーフモードでも同じでです。v23gまでは問題無く動いていました。
仕方がないので、バックアップしてあったkernel32.dllなどにもどすと、起動途中でリセットがかかってしまいます。
webサイトをみるとv23h2がでていたので中のファイルを確認するとkernel32.dllが更新されてる様なので
置き換えて見ましたが同じ症状です。

スタートアップにcmd.exeを入れて起動させるとそこからアプリが動かせました。
コントロールパネルのアプリの追加が起動出来たのでv23hを選択して削除ボタンを押すと、
ダイアログが表示されるので次へを押すとdiskアクセスをしていますが、削除されません。

いろいろアプリがインストールしてあるのでOSの再インストールはしたくないので
もう少しいろいろやってみます。

バックアプしたdllが不足かと思い
Windows2000-KB935839-v23g3-x86-JPN.exeをダウンロードして解凍し中のdllを
?winnt?system32?にコピーして再起動するとリセットは発生しなくなりましたが、
v23hと同じでexplorer.exeが起動しません。

comctl32.581をcomctl32.dllにしてコピーとwin32k.sysのコピーで無事起動しました。
再度v23h2でinstallしたら、NT5系列 5.81系列を選択すれば問題ありませんでした。