月別アーカイブ: 2011年9月

MacにGT-7400Uをつなぐ

VueScan.appを使うとPerfection1270と認識されて問題なく使えました。
しかしお金がかかります。ネットで調べてSANEがあることを知りました。
portからもインストール出来るようです。
sane-backends @1.0.22 (graphics)
Backends for scanner access
sane-frontends @1.0.15git (graphics)
Frontends for scanner access
twain-sane @2.9 (graphics)
TWAIN datasource for SANE
の3つインストールして、pkgになっているSANE Preference Paneもインストールしました。
pkgにあるよりportの方が新しいバージョンになっています。

pkgでは、/usr/localにインストールされるように作られていますが、
portでは、/opt/localになります。従って以下のファイルを修正します。
/Library/PreferencePanes/SANE.prefPane/Contents/Info.plist
の/usrを/optに変更(2カ所)します。
helpを表示するために
/opt/local/man/man5でgzipされているsane*を戻します。
SANEでは、GT-7400Uは、epson,epson2ではなくsnapscanでサポートになります。

/opt/local/etc/sane.d/snapscan.conf に以下を追加します。(PreferencePanesからも出来ます)
# Epson GT-7400U,Perfection1270
usb 0x04b8 0x0120
firmware /opt/local/share/sane/snapscan/esfw3e.bin

esfw3e.binは、Windowsでドライバをインストールすると?Windows?system32にコピーされます。
[~]strings /opt/local/share/sane/snapscan/esfw3e.bin|grep 7400
EPSON GT-7400 1.15
でした。ネットで見つけたものは、1.10でした。
/opt/local/share/sane/に入れるとPreferencePanesのfirmwareボタンで
で表示(バージョンは出ません)されます。
/opt/local/etc/sane.d/dll.confで有効にするドライバを指定します。
PreferencePanesでチェクを外すと#でコメントアウトされます。

ここまで準備して、GT-7400Uをつなぐと
[~]sane-find-scanner
found USB scanner (vendor=0x04b8 [EPSON], product=0x0120 [EPSON Scanner]) at libusb:091:004
[~]scanimage -L
device `snapscan:libusb:091:004′ is a EPSON EPSON Scanner1 flatbed scanner
で認識されます。
イメージキャプチャ.appを実行するとSANEが表示(されなければ装置をブラウズします)されます。


予備スキャン(プレビュー)ボタンを押すとスキャナの動作音がしますが、
しばらくするとIO errorになってしまいます。

PS2のeyeTOYをmacamで

使っていなかったPS2のeyeTOYがWindows7で動いたのでMacでも試してみました。
ネットで検索してmacamで使えるとの情報が見つかったので早速ダウンロードしてみました。
USB2.0 Hub:
製品 ID: 0x0608
製造元 ID: 0x05e3 (Genesys Logic, Inc.)
バージョン: 7.02
速度: 最高 480 Mb/秒
場所 ID: 0x5b100000
利用可能な電流(mA): 500
必要な電流(mA): 100
こちらに接続すると表示されません。
Playから停止出来なくなりますがLEDのon/offを行うと停止します。
LEDのon/offが出来ることからデバイスの制御は出来ているようです。
gdbでみると
Setting alt to 4, (with packet-size = 896), return is 0
Checking pipe status, return is 0
Checking pipe properties, return is 0
pipe 1: IN 1 ISOC 896 1
usbGetIsocFrameSize returning 896
QuickTime image-based decoding is being used.
isocComplete: Error: kIOUSBNotSent2Err – Transaction not sent
でエラーが発生しています。
でも
Apple USB Keyboard のハブ:
製品 ID: 0x1001
製造元 ID: 0x05ac (Apple Inc.)
バージョン: 2.11
速度: 最高 12 Mb/秒
製造元: Mitsumi Electric
場所 ID: 0x3b100000
利用可能な電流(mA): 500
必要な電流(mA): 100
こちらなら問題なく使えました。

eyeTOYは、
Logitech EyeToy USB Camera:
製品 ID: 0x0154
製造元 ID: 0x054c (Sony Corporation)
バージョン: 1.00
速度: 最高 12 Mb/秒
製造元: Sony Corporation
場所 ID: 0x3b130000
利用可能な電流(mA): 100
必要な電流(mA): 100
で、マイク入力もUSBオーディオデバイスで認識されて動いています。

速度をみるとUSB2.0だと駄目で1.0ならOKの様です。
eyeTOYがUSB1.0なのが原因かな?
でもWindows7では、同じHubを通しても問題無く動作します。
macamはソースが付属していたので自分でビルドした物を使っています。
サイズが付属のものより幾分小さくなりました。