月別アーカイブ: 2011年7月

IEEE1394外付けハードディスク

ディスクユーティリティで修復出来ないエラーでマウント出来なくなりました。
手動で
[~/Documents]sudo fsck -fy /dev/rdisk1s10
** /dev/rdisk1s10
BAD SUPER BLOCK: MAGIC NUMBER WRONG

LOOK FOR ALTERNATE SUPERBLOCKS? yes

SEARCH FOR ALTERNATE SUPER-BLOCK FAILED. YOU MUST USE THE
-b OPTION TO FSCK TO SPECIFY THE LOCATION OF AN ALTERNATE
SUPER-BLOCK TO SUPPLY NEEDED INFORMATION; SEE fsck(8).
と出るので
[~/Documents]sudo newfs -N /dev/rdisk1s10
Warning: Block size and bytes per inode restrict cylinders per group to 4.
Warning: 6244 sector(s) in last cylinder unallocated
disk1s10: 49663676 sectors in 6087 cylinders of 255 tracks, 32 sectors
24249.8MB in 1522 cyl groups (4 c/g, 15.94MB/g, 3968 i/g)
super-block backups (for fsck -b #) at:
32, 32704, 65376, 98048, 130720, 163392, 196064, 228736,
261408, 294080, 326752, 359424, 392096, 424768, 457440, 490112,
省略
でSUPER-BLOCKを確認して、表示されたすべてのSUPER-BLOCKでfsckしても
MAGIC NUMBER WRONGになって駄目でした。
ネットで検索してみると同じ経過でうまくいかないようでした。HFSだと駄目かも。

結局DiskWarriorでマウント出来るようになったのでが、
25Gbyteのパーティションのファイルが無くなっていました。
フリーでPhotoRecという
ファイルリカバリーツールがあることをしり試すと多量のファイルがコピーされました。
ほとんどのファイルは読めますが、ファイルル名とフォルダが失われています。
特にiPhotoのデータは、Thumbも一緒にf数字.jpgのファイル名なっているので困りました。
iPhotoには32000枚以上のファイルが有ったのとりあえずThumbだけでも区別出来ないかと
調べたところ
find . -name ¥*.jpg -exec exiftool -T -Comment -FileName {} ¥;

AppleMark. f38500.jpg
となるようなので、これで判定させて削除しました。
同じ内容のファイルはmd5sumで判定して削除しました。
結局、jpg,mp3,midi,pdf,isoで幾つか無くなったファイルはありましたがほぼ復元できました。

でこれらの作業中に問題のディスクから異音がするようになりました。
ばらしてUSBで接続すると問題ないようなので、IEEE1394の電源をばらすと
2次側のコンデンサの上部が膨らんでいるのが見つかりました。
これを交換すればなおると思います。

電源が不安定になって、ディスクユーティリティでエラーが発生したようです。
初めてPhotoRecを使いましたが、良く出来ていると思いました。
GUIが無いですがターミナル上でカーソルで選択するので簡単でした。

電源が入らない

寝る前にxilinxのISEダウンロードを開始して、朝みると電源が落ちている。
電源SWをONにしても電源が入らない。
電源をばらすと2200μF/10Vのコンデンサ4個で上部が盛り上がっている。
部品を注文して翌日に届いたので交換したがなおらない。
5VSBは正常にでていて、PS-ONをGNDにつないでも出力が出ない。
2006.5.29購入なので5年以上使っている。電源はNExtWave LW-6350H-2。
結局ATX電源KRPW-L2-400Wを購入することにしました。

ばらしたときPC内部のホコリをとってみると。
P4V8X-MX上のコンデンサ3300μF/6Vも2個部が盛り上がっているがあるので交換することにした。