月別アーカイブ: 2010年9月

QuartusII web edition 10.0SP1

SP1をインストールして1chipMSXのソースをコンパイルしてみました。
10.0で発生していた内部エラーは出なくなりました。
使用LEは9.1SP2から22減って10234LEでした。
10.0で発生していた内部エラーは、web上で公開されてる修正バージョンでは発生しなくて
本体に付属していたCDのソースで発生していました。
LEの使用量は、6.1の10011が最も少なくて9.0の10159が最も多くなっています。
この頃はバージョンをあげてもLEの使用量はあまり変わらないようです。