(阿木川ダム)地元高校生の職場体験を実施

阿木川ダム管理所では、10月10日(水)から12日(金)にかけて、地元高校生(恵那農業高等学校、中津川工業高等学校)7名を受入れ、学校では体験できないインターンシップ(職場体験)をして頂きました。
実施内容は、ダム堤体観測、電気・機械設備点検、貯水池周辺・湖面巡視、ドローン操縦訓練、水質調査などで、最終日は各生徒から体験報告を発表して頂きました。

「堤体観測状況」

「水質調査状況」

ドローン操作訓練状況」

「体験報告の発表状況」

【阿木川ダム管理所】健康福祉まつりに出展

平成30年10月14日(日)東美濃ふれあいセンターにて中津川市の健康福祉まつりが開催されました。
阿木川ダムの展示ブースでは、自然豊かな阿木川ダムのパネル展示やドローン映像の放映を行いました。
多くの皆様にご来訪頂きありがとうございました。

【阿木川ダム管理所】健康福祉まつりに出展いたします。

平成30年10月14日(日)東美濃ふれあいセンターにて中津川市健康福祉まつりが開催されます。

阿木川ダムも出展いたしますので、ぜひお越しください。

詳しくはコチラ↓

http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/news/048455.html

昨年の健康福祉まつりの様子

~ダム湖畔から釣り糸・針をなくそう~

10月3日、阿木川ダム湖畔で東濃獣医師会が主催する釣り糸・針回収事業が開催されました。湖畔に残された釣り糸・針が野生鳥獣へ害を及ぼすことを防ぎ、自然環境保全を目的とするものです。
獣医師会会員、地域の方々や阿木川ダム関係者の計44名が参加し、釣り糸・針、ゴミを回収しました。

「拾い集めている様子」

「回収された釣り糸・針、ゴミ」

【阿木川ダム防災操作(洪水貯留)終了】

阿木川ダムでは、1日1時24分に防災操作(洪水調節)を終了しました。
今回の洪水調節により、約5万m3の洪水を貯め込み、下流河川の大門地点で0.11mの水位低下効果がありました。
天候が回復しても、増水した河川などの危険な場所には近づかないようにしましょう。

【阿木川ダム防災操作(洪水貯留)の実施について】

阿木川ダムでは、30日22時54分より、ダムに流れ込む水を貯めて川の増水を緩和する防災操作(洪水貯留)を開始しました。
ダムの防災操作の状況をホームページに掲載しています。
http://www.agigawadam.jimusho.jp/Web_teika/water_level.html
川やダムの情報に注意して下さい。

【阿木川ダム管理所】~台風24号の接近に伴い洪水警戒体制を執っています~

台風24号の接近に伴い降雨が予測されるため、30日8時30分より洪水警戒体制を執っています。最新の気象情報や自治体からの防災に関する情報に注意するとともに、増水した河川などの危険な場所に近づかないようにしましょう。

【阿木川ダムカードAR(拡張現実)導入】

阿木川ダムのダムカードにARを導入し、動画配信を開始いたしましました。

所定のアプリにかざしていただくと、阿木川ダムに関する動画をご覧いただけます。

詳しくは添付資料をご覧下さい。

【アプリ提供会社】※「COCOAR2」になりますhttps://www.coco-ar.jp/

水資源機構におけるAR活用紹介